マンションの売却が成立しない場合

マンションの売却が成立しない場合、不動産会社へ直接買い取ってもらうことになるでしょう。
どの位の期間で仲介を諦めてしまうのかは人によって様々だと思いますが、ローンなどの残債がなく、可能であればできるだけ仲介にこだわる方が良いと考えます。
不動産会社を変更してみることも一つの方法ですし、リフォームを施してみるのも良いでしょう。
一戸建て 売却売却が成立しないのには必ず理由があります。
ローンを開始して数年であると、ローンが多額であり、売却金額よりもローンの残債が残ってしまう事が多く、その分、売却金額を高めに設定してしまいがちです。
築4、5年の中古物件よりも同じ価格であるならば新築物件を選ぶ人が多くなってしまうのです。
立地条件が良ければ多少金額が高くても売却は可能になりますが、金額が高いということはそれだけでリスクになります。
仲介を続けるのであれば、価格の見直しから部屋を綺麗に掃除するだけでも顧客の目に留まりやすくなるのではないでしょうか。
築年数がかなり古いものですと、金額をかなり下げることになるかと思いますが、相場を確認し、査定を参考に売却金額の見直しをしてみてください。
諦めて安い金額で不動産会社に買取をしてもらう前にできる限りの事をやってみても良いのではないでしょうか。
同じ不動産会社で、何年も同じ金額で広告に載せ続けていても買い手を見つけるのは難しいと考え、不動産会社を変えるなどの見極めも必要になるのです。